So-net無料ブログ作成
検索選択

エアディジーの帰還が早いのかガンバスターの帰還が早いのか [G狩猟日記]

これは課金豚ハンターの壮絶な戦いの物語である…
どもシオンです

リアルでは転勤によるストレスで同僚にアルツハイマーではないかと言われるほど
ボケた状態がになっております
せっかくオンしても20時には爆睡しているため広場放置が毎日続いていており
アイさんや片手スキーさんと合流することもできず既にして新しいフレの方々に忘れ
さられていることでしょう…

そんなメロウ7で地蔵をしているオイラの天敵ディジーちゃんがPSO2などを始めた
ようです
新しく始めたブログによると…楽しんでるじゃねえか…
こりゃまたアッチの運営HDDクラッシュとかやらかさないかぎり帰ってきそうもねぇ…

ってかまた新フレの皆さんに紹介する前に旧フレいなくなっちまったよ~!
またこれエアディジー疑惑でしょうが~!
ヤバいよヤバいからね~!
ただでさえブログ詐欺とか言われてるからね~!ってかもうオイラの温水ヘアー
ツッコんでくれるのマンソンしかいないから~!
ってかそのマンソンも最近見ねー!!
これじゃデスブログじゃねーかー!
名前が掲載されたハンターさんみんないなくなるじゃねーかー!!
これじゃオイラの髪の毛が死滅するか周りからフレさんが全滅するかの競争じゃ
ねぇか~!
もう生まれてきてゴメンなさいだってばよ~!

そんなこんなで今日もメロウ7で負のオーラを撒き散らしながら放置するオイラで
ありました
ディジー帰ってきてくれぇ…帰ってきたらオカエリナサイと言ってあげるわ…

ではまた

エアエトナさんよいずこ… [G狩猟日記]

これは課金豚地雷ハンターの壮絶な闘いの物語である…
ども、シオンです

GP防具に刀神珠をぶちこんだ老ハンターは片手スキーさんのもとを訪れていた
剛5一閃刀神の評価試験をしたかったのだが自分で評価すると溢れんばかりの太刀愛に
よって感想…太刀TUEEEE!のみになりそうだったので客観的な立場から分析できる
ハンターさんの感想をお聞きしたかったのである

またまたアポなしで押し掛けてみた老ハンターはどうやら片手スキーさんのハンター
ライフを邪魔するために生まれてきた存在らしい…
ちょうど弓秘伝強化中のところにブッコミングボンバーしてしまったのだ
再会の挨拶そこそこ我が胸中を察していただいたのかG級装備に換装してくれる
片手スキーさん
その好意にまたもどっぷり甘える老ハンターはちょうど配信されていた四方バルラガルへ
と同行させていただくこととなった
師匠と二人で吸われながら狩った思い出モンスター…バルラガル
あの時はなかなか体力もあってタフなイメージがあったが今ははたして…

一太刀一太刀とバルに浴びせる度に老ハンターは泣いていた…
師匠はエアじゃない…師匠はエアじゃない!師匠はエアじゃないんですよ片手スキー
さ~ん!!
休止中の師匠が頭をよぎり老ハンターはえもいわれぬ寂しさに心を押し潰されて
錯乱状態に陥っていた
もはや評価試験どころではない
オマエが!オマエが師匠を吸ったから!
八つ当たり具合がカミーユのソレになっていた…
バナージィ!!いや…バルラガルゥ!!
ヤサグレ具合がリディのソレになっていた…
気が付けばバルラガルが沈んでいた
いかん…冷静にならねば…
そんな情緒不安定な老ハンターに血の気の引くような一言が片手スキーさんから
放たれた

「あの~頭破壊狙っていただいていいですか?」

へ?バルの頭を狙え?
このド下手ハンターにかい!?
いや~~~~!
これ壊せなかったら火力上がってるのに部位破壊もできねーのかよ!状態になるよ~
だいたい太刀厨ってのはそもそも肉質無視ブンブン丸だからね~!(本人だけ)
頭より尻尾のほうが得意だからね~!
ってか確実に狙うのは女子キャラコカしておパンちゅ拝むときだけだからね~!
とにかく頼む相手間違ってるから~!

その後の記憶は曖昧である…
部位破壊のあまりのプレッシャーに押し潰されすでに老ハンターは廃人カミーユに
なっていた
あの後ノノたんの華毛頭皮に植毛した~い!とか叫んでいたようないないような…
不甲斐ないハンターですみません片手スキーさん…

ではまた

サラバ…赤イカ [G狩猟日記]

これは課金豚地雷ハンターの壮絶な闘いの物語である…
ども、シオンです

ある夜のメゼポルタ広場…そこには片手スキーさんに師匠を紹介しようにも師匠が
休止中でできなくて…師匠ってもしかしてエア師匠なの!?っとか思われてたら
どうしよう…と思うと夜も眠れない独りの老ハンターが佇んでいた

老ハンターについに宿願を果す日がきた
あまたの敵を葬ってきた赤イカを珠化する時がついにやってきたのだ
あまりにも思い出が多すぎてついつい身に纏ってしまう老ハンター
ウプッ…しばらく着ていなかったので鎧に染み込んだ自らの加齢臭で気が遠くなって
しまっていた
よし!このままオヤジに精錬してもらおう…たのもー!!

「なあにぃ!!精錬だとぉ!?だったらまずソイツを脱いでもらおうかぁ!!」

な…なに!?オヤジの目の前で脱げだと?コイツまさかオイラを狙って!?
なんのことはない…装備している防具は精錬できないとのことなのでイソイソと
脱いでオヤジに一式渡す老ハンター…ほれ早く珠化せいや!

待つこと数分…赤イカは小さな紅い宝珠と化していた
あの臭っさい防具がこんなにキレイな珠になるなんて…
5つの珠をキャロルに詰めてそね身に纏う老ハンター…すると…
うおっ!?か…身体が熱い!これはまるで1.2倍強くなったようだ~!!
この身体から湧き出る力!まるで錬気ゲージ溜めたら1.32倍強くなるようだ~!!

こうして秘伝防具を珠化した老ハンターは実戦テストをすべくメゼポルタから旅立つ
のであった

ではまた

難易度落として武器勲集め [G狩猟日記]

これは課金豚地雷ハンターの壮絶な闘いの物語である…
ども、シオンです

ある夜のメゼポルタ広場…そこには脱非秘伝太刀を目指す独りの老ハンターが
佇んでいた
今広場には穿龍棍が溢れかえっている
そんなメゼポルタの変化に対応できない老ハンターは太刀の武器勲集めの毎日であった
もういやだ…刀神募集で弾かれるのは…早く赤イカを珠化して指定募集にも入りたい
でも珠にしたら見た目赤イカじゃないからやっぱり弾かれそうだよなぁ…
などとのたまいつつセコセコとG級通常クエストをこなしていた
風の噂でクエスト受注時に難易度を変更するともらえる武器勲が変化するそうである
試しに★6のGカム・オルガロンを★4にしてみると…勲・中でたー!!
これは人気のあるフォロやカム狩ってれば全部集まるってことか~!
こりゃ全く出ないフォロの翼集めながら武器勲も集められるちゅ~ことや~
この後死んだ魚の眼でフォロクエストに参加する老ハンターが度々メゼポルタで
目撃された事は言うまでもない…

に…しても剥ぎ取り失敗でストレス溜まる~!!
武器勲集まってきたのにフォロクルルの翼5個しかでねぇ~!!
ああ…太刀秘伝珠化も大銃仙クリア装備もまだ遠いなぁ…

ではまた

心はジプシー [G狩猟日記]

これは課金豚地雷ハンターの壮絶な闘いの物語である…
ども、シオンです

ある夜のメゼポルタ広場…そこには頭髪が絶滅危惧種に指定されそうな独りの
老ハンターが佇んでいた
先日片手スキーさんと一狩りいく機会に恵まれた老ハンターであったが情けなく乙る
わけでもなく記憶に残るようなビックプレイをするわけでもなくただただ凡戦を重ねて
いっただけであった
うむ…なんとか名誉挽回できないものか…
片手スキーさんにつまらないオッサンと思われたままはいやや~と思い詰めた
老ハンターは呼ばれてもいないのに片手スキーさんのもとへ押しかけていった

もうすぐ片手スキーさんが夕食休憩というなんとも間の悪いタイミングで強襲をかけた
のだが片手スキーさんは温かく迎え入れてくれた
ボッチの身としてはなんともありがたいことである
最近フレからフレへと渡り歩いて寄生しまくる様はさながら群雄を渡り歩いて陣借り
しまくった劉玄徳の如し…と老ハンターは勝手に古の英雄に自分を重ねていた…
だが一般的に見れば要するに只の住所不定薄毛ハンターであった

「えへへ…フォロクルル貼ってもよかですか?」

押し掛けた求人部屋でいそいそと自分の行きたいクエを貼る老ハンター…まさにシオン
と書いてあつかましいと読む…状態であった

頭の中がお花畑なハンターが花畑に降りたった
今日こそ新しい狩友に我が武威を見せねばならない
気合い一閃フォロに斬りかかるが返す刀でフォロの漆黒のブレスをお見舞いされた
み…見えん…こう視界が悪くちゃ…フォロが見えんでしょうがー!!
こうなったら少年時代剣道やって全くモノにならなかったオイラの特殊スキル発動!
この眼は光を失ったがされど心の眼は開いておる…心眼!!
見えた!闇の中にグレーと白の縞模様が!そこ!!
ズバッと斬り伏せる老ハンター徐々に視界を取り戻していく
そこに倒れていたのは…アワワ…アスカー!!
まさかオイラの心眼で見たモノとはアスカちゃんの縞パンちゅだったのか~!
んがぁぁ!!
ヤバイ…これじゃ片手スキーさんにパートナーに斬りかかるイタイおっさん
思われてしまう
なんとかフォロを討伐して帰還すると片手スキーさんが…

「フレに呼ばれちゃって…」

キターッ!!またパーティーメンがフレに呼ばれてしまったぁぁ!!

「食事外出してきます~」

ほっ…リアフレさんでありましたか!?
フレに呼ばれましたに超敏感なオヤジハンターなのでありました

ではまた

無意味な死であったといわせない 最後の一髪(ひとり)になる~ま~で~! [G狩猟日記]

これは狩コ地雷ハンターの壮絶な闘いの物語である…
ども、シオンです

ある夜のメゼポルタ広場…そこには春なのに芽吹かない頭皮を持つ独りの老ハンターが
佇んでいた
寂しい…金がないならせめて頭髪くらい!と神に髪の怨み言をつぶやく毎日である
師匠が休止になって以来老ハンターの心は荒んでいた
いかん…こんな時はFで知り合ったフレ最古参のマンソンに愚痴でも聞いてもらう
しかない!
マンソンと穿龍棍のSR上げをしつつ時節を談じていると話はいつしか毛髪の話に
変わっていた

「シオンさんシャンプー何使ってるの?」

「ん!?ラック[満月]スーパー[満月]ッチ!」

「そうか~ ネット通販でいいシャンプーあるよ~2000円オーバーだけど(笑)」

シャンプーで3000円近いとか何の冗談なの~!
オイラ課金しすぎで日々の生活費にも事欠いてるぐらいだしそんな高いの買えない
からね~!

「今からならまだ間に合うかもしれないよ!?最近コシとかハリなくなってない?」

コシとかウドンじゃねえからー!!
そりゃなにかい!?そのシャンプー使えばこの不毛な大地に緑が蘇るが如く髪の毛が
繁るってのかい!?
狩コらめればフサフサに…酒やめればフサフサに…ヤンマガとかヤンジャン我慢
すればフサフサに!?
どうする…どうすればいいんだ~!?

育毛して行き付けのバーでもつくれば彼女できんじゃね!?」

マンソーンっ!!オイラ頭皮も不具合だけど他にもいっぱい不具合だらけなんだよ~!
メタボとか加齢臭とかコミュ障とか店のユニホームのまま通勤できるとかいろいろ
不具合連発だからね~!
不具合多すぎてどこぞのMHFGとかいうネトゲの運営と同じだからね~!
もう救いようがないからね~!FGのサービス終了が現実的になってくるのと同様
人生のサービス終了近いからね~!

こうしてマンソンとの熱い頭髪談義は続くのであった…
酒飲みハンター二人だとロクな話になんね~な

あなたならリアル育毛とりますか…?狩コ入れますか?
オイラは…イエス!!高須クリニッ…違った…
当然狩コだぜぃ!

ではまたた

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。